レンタルのメリット

それでは、実際にコピー機をレンタルで利用する場合、どのようなメリット・デメリットが存在しているのでしょうか。ここではその両者について紹介します。

まずはメリットについてです。コピー機レンタルの大きなメリットとして、必要になる期間だけレンタルをすることができる、という点が挙げられます。例えば普段はあまり使わないものの、決まった時期だけは使用頻度が高く鳴る、というような場合に適切な利用が可能です。

また、経営上のポイントとして、レンタルによって利用する料金については全額が損金処理として扱うことができるという経理上のメリットがあります。

さらに、維持管理についてもレンタル元業者に頼むことができる場合が多いため、手間がかかりません。

逆にデメリットとなるのは、基本的にレンタルによって利用することになるのは中古の商品であることです。これにより、希望機種が必ず利用できるわけではありません。また、長期間のリースの場合に比べて、絶対価格では安いものの、割合としてみると高額になります。利用の際はリースとレンタル、どちらの方が適しているかを判断しなければなりません。これらのメリット・デメリットを見比べて、利用を検討しましょう。

コピー機のレンタル?

オフィスや自宅など、様々な場面で活躍することが多い機材として、コピー機があります。タブレットなどで資料を配布するオフィスなども多くなっているものの、やはり今でも紙の資料が主流である点は変わっていません。しかし、仕事の内容によっては、確かに使うものの、それほど頻繁に使わないということもあるのではないでしょうか。

その場合、高額なコピー機を購入して置いておくのでは、少々コストパフォーマンスが悪いと感じることもあるかと思います。インクの形式にもよりますが、長い期間使っていないと久しぶりに使う際に上手く印刷されない、という本末転倒なトラブルが発生してしまう可能性もあります。では、こういった問題を解決するためには、どのような方法があるのでしょうか。

その方法の1つとして、コピー機のレンタルがあります。コピー機のようなものをレンタルできるのか、と思われるかもしれませんが、レンタル、ないしはリースと言うような形で貸出を行っている業者というのは少なからず存在しています。地域によって利用できる業者には違いがあるため、自分の地域で利用できる業者を確認してみると良いでしょう。

それでは、実際にレンタル・リースでコピー機を利用する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、利用する業者の決定方法や、利用するコピー機の種類の決め方などについても紹介します。コピーを普段あまり使用しない方程、知っておきたい情報です。